化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

講演プログラム(会場・日程別)


K会場

最終更新日時:2007-03-18 23:33:23

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。


第1日
講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
先端化学産業技術プログラム <基調講演>
(10:00〜11:00) (司会 大嶋 寛)
10:0011:00K104[基調講演] 現場を強くする実践的MOT-技術者の発想を変える6つの法則-
(大阪ガス) ○永田 秀昭



S-038
先端化学産業技術プログラム <S-1. ナノプロセッシング>
(11:20〜12:00) (座長 松井 功)
11:2011:40K108[招待講演] ナノテク・アメリカ事情
(三菱化学産資) ○吉江 建一
synthesis of nanoparticle
structural design
functional design
S-1399
11:4012:00K109ナノ粒子プロジェクトと知識の構造化プロジェクトの連携
(東大院工) ○(正)山口 由岐夫
nanoparticles
structuring knowledge
nanomaterials, nano-infomatics
S-1121
(13:00〜15:00) (座長 山口 由岐夫)
13:0013:40K113[招待講演] 「技術の構造化」による技術ロードマップ策定手法の開発と将来産業創出に向けての政府のイノベーション政策の方向性
(経産省研究開発課長) ○安永 裕幸
technology roadmap
structuring technology
S-1117
13:4014:00K115知識の構造化: 分野別プラットホームの一事例、ナノ粒子の分散
(東農工大院) ○(正)神谷 秀博
Nanoparticles
Dispersion
Surface modification
S-1122
14:0014:20K116知識の構造化: ナノテク知識の構造化プラットフォームの概要と研究開発課題の抽出
(東工大炭エネ研) ○(正)伊原 学
Nanotechnology
Structuring knowledge
Research topics
S-1401
14:2014:40K117知識の構造化: 知識ネットワークとナノ材料知識の実装・活用例
(東大院工) ○(正)野田 優
knowledge network
nanomaterials
implementation
S-1128
14:4015:00K118知識の構造化: 粒子系のシミュレーション
(京大院工) ○(正)宮原 稔
nanoparticles
self-organization
ordered structures
S-1137
(15:20〜18:00) (座長 宮原 稔)
15:2016:00K120[招待講演] ナノ粒子PJの総括: 研究開発成果と実用化の見通し
(広大工) ○(正)奥山 喜久夫
Nano-particle
Design of Fine Particulate Materials
Powder Technology
S-1116
16:0016:20K122ナノ粒子PJ: ナノ粒子の技術の体系化
(広大院工) ○(正)島田 学
nanoparticle
characterization
handling
S-1139
16:2016:40K123ナノ粒子PJ: エポキシ樹脂の難燃性に及ぼすナノ水酸化マグネシウム粒子の影響
(松下電工) ○余田 浩好
nanoparticles
nanocomposit
noncombustible
S-1142
16:4017:00K124ナノ粒子PJ: ナノ粒子を用いた高密度磁気記録媒体
(東芝) ○(正)松井 功
nanoparticles
magnetic recording media
S-1145
17:0017:20K125ナノ粒子PJ: 熱可塑性樹脂とナノ粒子との複合化
(カネカ) ○松本 一昭
nanoparticle
nanocomposite
S-1146
17:2018:00K126[招待講演] 超ハイブリッド
(東北大多元研) ○(正)阿尻 雅文
Hybrid Polymer Nanoparticles


S-1119

第2日
講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
システム・情報・シミュレーション
(9:40〜10:40) (座長 谷口 智)
9:4010:00K203有害廃棄物閉じこめ型反応器における非定常操作
(東工大資源研) ○(正)大庭 武泰
Zero Emission
Pollutants-Confining Reaction System
6-g785
10:0010:20K204(講演中止)

100774
10:2010:40K205化学物質リスク評価に基づいたプロセス設計のための機能モデル
(東大工) ○(学)菊池 康紀(正)平尾 雅彦
Industrial cleaning
Risk-based design
Function model
6-g99
(10:40〜11:40) (座長 渕野 哲郎)
10:4011:00K206リスクに基づいた設計のための産業洗浄プロセスモデル
(東大工) ○(学)富田 俊輔(学)菊池 康紀(正)平尾 雅彦
Industrial cleaning
Risk-based design
Process modeling
6-g153
11:0011:20K207バイオマスエネルギーシステム導入計画支援のための機能モデル
(東大工) ○(学)兼松 祐一郎(正)平尾 雅彦
Biomass energy
Function model
Support for system design
6-g101
11:2011:40K208シーケンシャルユースシステムの最適合成
(滋賀プラザ) ○(正)谷口 智(京大工) (学)中尾 公人(正)長谷部 伸治
superstructure
optimization
process synthesis
6-e159
(13:00〜14:20) (座長 大庭 武泰)
13:0013:20K213汎用プロセスシミュレータPRO/IIとロバスト設計最適化支援ツールmodeFRONTIERの連携による化学プロセスの多目的最適設計
(インベンシスシステムス) ○(正)広浜 誠也(正)久保田 浩(正)実田 正弘(シー・ディー・アダプコ・ジャパン) (正)大谷 朝彦(正)中村 美代子
PRO2
modeFRONTIER
optimization
6-b218
13:2013:40K214化学プロセスの設計情報共有環境に関する研究
(東工大院理工) ○(学)伊藤 功(正)渕野 哲郎
management of change
ontology
activity model
6-f546
13:4014:00K215コントローラ・コーディネーションを用いた液レベルが変化するCSTRの温度制御
(奈良先端大) ○(学)坂倉 義康(正)野田 賢(正)西谷 紘一(東北大院工) (正)山下 善之(正)吉田 雅俊(正)松本 繁
Controller Coordination
Multiple Model Approach
CSTR
6-d120
14:0014:20K2161パラメータチューニングPID法の開発と適用
(出光興産) ○(正)Fujii Kenzo(正)Kurihara Hisamitu(広大) (正)Yamamoto Toru
PID
Tuning
ITAE
6-d832

第3日
講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
システム・情報・シミュレーション
(9:20〜10:40) (座長 野田 賢)
9:209:40K302多品種製品を取り扱うロジスティックス問題の現実的解法
(豊橋技大) 和田 健山崎 善広○(正)清水 良明
logistics
multi-commodity
hybrid meta-heuristic method
6-e397
9:4010:00K303製品在庫を考慮したロジスティックスの多期間モデルのメタ解法
(豊橋技大) 山崎 善広和田 健○(正)清水 良明
logistics
inventory
hybrid meta-heuristic method
6-e398
10:0010:20K304プロセス解析・監視への独立成分分析の応用について
(京大工) ○中田 賢志(学)向井 洋介(正)加納 学(正)長谷部 伸治
process analysis
process monitoring
independent component analysis
6-a649
10:2010:40K305バッチプロセス操作プロファイルのモデル化方法
(京大工) ○(学)田坂 謙一(学)向井 洋介(正)加納 学(正)長谷部 伸治
batch process
modeling
wavelet analysis
6-a654
(10:40〜12:00) (座長 清水 良明)
10:4011:00K306Design of Plant Alarm System
(奈良先端大) ○羅 彦(学)劉 希未(正)野田 賢(正)西谷 紘一
Plant alarm system
Design
Boiler Plant Simulator
6-a436
11:0011:20K307共通モデルを利用したバッチプロセスの計画・運転−運転計画の策定−
(名大工) (学)堀内 純史○(学)橋爪 悟(正)矢嶌 智之(正)橋爪 進(正)小野木 克明
operation planning
hierarchical batch process model
discrete event system
6-a615
11:2011:40K308共通モデルを利用したバッチプロセスの計画・運転−安全運転の確保−
(名大工) ○(正)鍬下 優貴子(正)三橋 慎介(正)矢嶌 智之(正)橋爪 進(正)小野木 克明
fault diagnosis
batch process model
discrete event system
6-a621
11:4012:00K309OJTによる育成を考慮したプラント運転員配置計画問題のモデル化
(奈良先端大) ○(正)野田 賢(正)鈴木 剛(正)西谷 紘一
OJT
Plant Operation
Modeling
6-a363

講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-18 23:33:23
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase