システム・情報・シミュレーション部会(SIS部会)の活動方針

      SIS部会は、化学工学会のシステム・情報・シミュレーションに係る専門分野の代表機関として、この分野に関連する諸課題について、横断的に学術および技術の向上、交流を促進し、産官学間の基礎研究、 基盤研究、応用研究開発の有機的な連携をはかることを目的として活動を行っています。
 
      広い分野の生産システムやエネルギーシステム、社会システムの設計・運用において、コンピュータ利用技術、インターネット利用技術の活用が急速に進む中で、SIS部会に求められる役割は益々大きくなっています。生産性の向上という産業からの要請に加え、持続可能な社会の構築という社会からの要請にも応えなければなりません。そのために、システム・情報・シミュレーション技術にかかわる学術的な発展に寄与する研究者・技術者の活動拠点として、部会活動の一層の充実を図ってまいります。
 
      SIS部会には5つの分科会が設置され、活発な活動を実施していますが、今後は分科会間の連携を図り、この分野での活躍を目指す学生や若い研究者・技術者の活動を今まで以上に支援していきたいと考えております。
 
      部会会員の皆さんの継続的な参加をお願いすると共に、当部会活動に関心をお持ちの皆様のご入会を心から歓迎申し上げます。
       
photo 平成28年4月18日
システム・情報・シミュレーション部会
H28〜H29年度 部会長 平尾 雅彦