| 表彰トップへ |

粒子・流体プロセス部会 シンポジウム賞


2018年度 シンポジウム賞の受賞者が決定しました

2018年度

【奨励賞】
山本 卓也 (東北大学大学院環境科学研究科) FF215 「攪拌時表面渦形成と気泡巻き込みに対するその場観察と数値シミュレーション」
【プレゼンテーション賞】
佐藤 健
(京都大学)
(指導教員: 谷口 貴志) FE114 「急縮小・急拡大流路における高分子溶融体の移動現象: マルチスケールシミュレーションによるアプローチ」
集堂 裕也
(徳島大学)
(指導教員: 太田 光浩) FF123 「核沸騰による気泡の成長・離脱過程の数値解析」
壷田 健太
(徳島大学)
(指導教員: 太田 光浩) FB115 「Shear-thinning 性を有する液滴の液体層への衝突過程の数値解析」
森 勇稀
(東京大学)
(指導教員: 酒井 幹夫) FE202 「DEM粗視化モデルを用いた大規模循環型流動層の数値解析」
市村 凌一
(山形大学)
(指導教員: 木俣 光正) FE217 「水溶媒中シリカの粉砕によるMMAのメカノケミカル重合反応」
高畑 和弥
(東京大学)
(指導教員: 酒井 幹夫) FE221 「ロールミルにおける湿潤粉体のDEMシミュレーション」
尾方 宏至
(鹿児島大学)
(指導教員: 甲斐 敬美, 中里 勉) FG122 「流動化ガスのモル数が増加する場合の触媒流動層における気泡挙動の観察」
西岡 美怜
(横浜国立大学)
(指導教員: 三角 隆太, 上ノ山 周) FF220 「かき取り式熱交換器内の擬塑性流体流れの局所せん断速度分布からの動力推算」
今井 俊之介
(横浜国立大学)
(指導教員: 三角 隆太, 上ノ山 周) FF302 「固体粒子濃度の鉛直方向分布に対する粒子条件と撹拌条件の影響のCFD解析による検討」
小椋 瑞華
(慶應義塾大学)
(指導教員: 寺坂 宏一, 藤岡 沙都子) FB306 「炭酸ガスマイクロバブルによる排水中アルブミンの浮上分離」
9月18日~20日に鹿児島大学で開催されました化学工学会第50回秋季大会における粒子・流体プロセス部会企画のシンポジウムでの発表を対象とし,奨励賞ならびにプレゼンテーション賞が選考されました.
厳正な審査の結果,1件の「奨励賞」,10件の「プレゼンテーション賞」の受賞が決定いたしました.受賞者の皆様,誠におめでとうございます.
なお,「奨励賞」の受賞者には,来る3月に芝浦工業大学で開催されます化学工学会第84会時の粒子・流体プロセス部会総会にて授賞式が執り行われますとともに,粒子・流体プロセス部会セミナーにて記念講演が行われる予定です.
また,「奨励賞」の受賞者には,賞状ならびに副賞としての額縁が,「プレゼンテーション賞」の受賞者には,賞状ならびに副賞としての表彰状ホルダーが送呈されます.

(文責 岡山理科大学 桑木賢也)

     

化学工学会第50回秋季大会(2018年度)の募集要領

シンポジウム賞規程


【これまで】