化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

講演プログラム(セッション別)


材料・界面 −材料プロセッシング・その他−

B313-B321

最終更新日時:2007-03-18 23:33:23

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
B会場 第3日
(13:00〜14:00) (座長 久保 百司)
13:0013:20B313Spray pyrolysis synthesis of LiFePO4/C composite cathode and its electrochemical performance
(東工大院) ○(学)Konarova Muxina(学)村上 雅彦(正)谷口 泉
Spray pyrolysis
lithium-ion battery
lithium iron phosphate
12-k488
13:2013:40B314サイアロンの低圧燃焼合成
(北大) ○(学)青柳 和彦(学)平木 岳人Ramasamy S渡辺 敏幸(正)秋山 友宏
Combustion Synthesis
Ceramics
SiAlON
12-k580
13:4014:00B315酸化物蛍光体合成における溶液プロセスの利用
(東北大多元研) ○(学)渡邊 幸太郎(正)Petrykin Valery(正)垣花 眞人
metal complex
phosphor material
solution method
12-e96
(14:00〜15:00) (座長 久保内 昌敏)
14:0014:20B316希土類系材料のための大規模電子状態計算手法の開発と応用
(東北大院工) ○(正)遠藤 明大沼 宏彰坪井 秀行(正)古山 通久畠山 望(正)高羽 洋充(正)久保 百司Del Carpio Carlos A.(正)宮本 明
Rare earth materials
large-scale electronic structure calculations
Tight-binding quantum chemical molecular dynamics method
12-m102
14:2014:40B317反応ダイナミクスの解明を目的とした時間発展加速化分子動力学法の開発
(東北大院工) ○(正)高羽 洋充三浦 隆治坪井 秀行(正)古山 通久畠山 望(正)遠藤 明(東北大院工/JSTさきがけ) (正)久保 百司(東北大院工) Del Carpio Carlos A.(東北大未来セ/東北大院工) (正)宮本 明
reaction
molecular dynamics
material design
12-m235
14:4015:00B318一方向炭素繊維強化エポキシ樹脂のサンドエロージョン挙動
(法政大工) ○(学)小林 良江(正)新井 和吉(JAXA) 佐藤 裕甲斐 高志
solid particle erosion
CFRP
fiber content
12-m515
(15:00〜16:00) (座長 秋山 友宏)
15:0015:20B319粉砕フィラー充填型リサイクルエポキシ樹脂の腐食劣化挙動
(東工大理工) ○(学)山本 和記(正)久保内 昌敏(正)酒井 哲也(正)津田 健
Material recycle
Epoxy resin
Corrosion
12-m604
15:2015:40B320フッ素樹脂ライニングにおける塩酸水溶液および蒸気の浸透挙動
(東工大理工) ○(学)アバスタリ (正)酒井 哲也(正)久保内 昌敏(正)津田 健(日本フッ素工業) 佐藤 仁祉
fluoropolymer lining
permeation
hydrochloric acid
12-m691
15:4016:00B321流動シミュレーションによるエロージョン‐コロージョンの予測
(広大院工) ○(正)矢吹 彰広世良 誠哉
Erosion-Corrosion
Flow simulation
Flow parameter
10-e317

講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-18 23:33:23
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase