化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

講演プログラム(セッション別)


材料・界面 −機能性微粒子及びマイクロカプセル−

A313-A321

最終更新日時:2007-03-18 23:33:23

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
A会場 第3日
(13:00〜14:00) (座長 塩盛 弘一郎)
13:0013:20A313立体選択的相分離法によるポリ乳酸系単分散微粒子の調製に及ぼす溶媒蒸発速度の影響
(岡山大院環) ○(学)松本 康夫(正)小野 努(正)吉澤 秀和
poly(lactic acid)
stereocomplex
microsphere
12-c756
13:2013:40A314AFMによる細胞・粒子間親和力の評価:粒子表面物性の影響
(京大工) ○(学)阿蘇 由季(正)McNamee Cathy(正)新戸 浩幸(正)東谷 公
Functional surface
Adhesion force
Melanoma
12-c274
13:4014:00A315マイクロカプセル化タンパク質を用いた貴金属の吸着
(都城高専) ○(正)清山 史朗(九大院工) (正)丸山 達生(正)神谷 典穂(正)後藤 雅宏
microcapsule
protein
absorption
12-f753
(14:00〜15:00) (座長 上江洲 一也)
14:0014:20A316水溶性の高い殺虫剤を高効率で内包するマイクロカプセル化製剤の特性評価
(鹿大工) ○(学)柳 和美(正)吉田 昌弘(宮崎大工) (正)塩盛 弘一郎(都城高専) (正)清山 史朗(鹿大工) (正)幡手 泰雄
water-soluble insecticide
W/O/W emulsion
in situ polymerization
12-f86
14:2014:40A317界面吸着平衡に着目した架橋メラミンマイクロカプセル膜形成機構に関する定量的検討
(岡山大院環) ○(学)米村 慧(正)神尾 英治(正)小野 努(正)吉澤 秀和
microcapsule
phase separation method
membrane formation mechanism
12-f387
14:4015:00A318PCLマイクロカプセルに内包された農薬の徐放挙動と安定性
(宮崎大工) ○(正)塩盛 弘一郎橋本 充暁吉田 昌史(都城高専) (正)清山 史朗(鹿大工) (正)吉田 昌弘(正)幡手 泰雄
microcapsules
agrochemicals
stability
12-f682
(15:00〜16:00) (座長 吉澤 秀和)
15:0015:20A319カプセル化昆虫フェロモンを利用する農作物害虫の総合防除に関するフィールド試験
(鹿大工) ○(学)谷 茂広(正)吉田 昌弘(正)幡手 泰雄(宮崎大工) (正)塩盛 弘一郎(都城高専) (正)清山 史朗
microcapsule
insect pheromone
controlled release
12-f341
15:2015:40A320温度・水分応答性マイクロカプセルの調製と化粧品素材への応用
(新潟大自) ○(学)城川 邦子(新潟大工) (正)斉藤 夏風(正)田口 佳成(正)田中 眞人
microcapsule
sustained release
cosmetics
12-f391
15:4016:00A321独立栄養性脱窒細菌固定化コアーシェル型多孔質マイクロカプセルの脱窒能力評価
(鹿大工) ○(学)林 菜津美(学)秋田 恭平(正)吉田 昌弘(正)幡手 泰雄(正)大角 義浩(北九州高専) (正)畑中 千秋(大分大工) (正)通阪 栄一
denitrifying bacteria
microencapsulation
cell immobilization
12-f236

講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-18 23:33:23
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase