化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

講演プログラム(セッション別)


基礎物性 −平衡・イオン性液体−

N301-N308

最終更新日時:2007-03-18 23:33:23

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
N会場 第3日
(9:00〜10:00) (座長 冨田 大輔)
9:009:20N301大規模複雑系のための高速化量子分子動力学法に基づく電気伝導度、熱伝導度および熱電特性推算シミュレータの開発
(東北大院工) ○(共)坪井 秀行扇谷 恵Chutia Arunabhiram朱 志剛呂 晨(正)古山 通久畠山 望(正)遠藤 明(正)高羽 洋充(東北大院工/JSTさきがけ) (正)久保 百司(東北大院工) Del Carpio Carlos(東北大未来セ/東北大院工) (正)宮本 明
electrical conductivity
Thermal Conductivity
Tight-Binding Quantum Chemical Molecular Dynamics
1-b306
9:209:40N302BDF製造プロセスに対するUNIFACモデルの適用・評価
(国立環境研) ○(正)倉持 秀敏大迫 政浩(兵庫県大) (正)前田 光治(京都市) 中村 一夫(京大) 酒井 伸一
Biodiesel
Phase equilibria
UNIFAC
1-a767
9:4010:00N303高粘度液体中の溶質のヘンリー定数・無限希釈活量係数の測定
(倉敷芸科大生命) ○(正)宮野 善盛
viscous fluid
solubility
activity coefficient
1-a323
(10:00〜11:00) (座長 宮野 善盛)
10:0010:20N3041-Alkyl-3-methylimidazolium系イオン液体の粘性率測定及び相関
(東北大多元研) ○(正)冨田 大輔(正)喬 焜(正)横山 千昭
ionic liquid
viscosity
correlation
1-a368
10:2010:40N305COSMO-RS法によるイオン液体中の有機化合物の無限希釈活量係数の推算
(九大工) ○(正)下山 裕介(正)井上 剛(学)平山 武史(正)岩井 芳夫(正)荒井 康彦
COSMO-RS
ionic liquid
molecular surface charge
1-a466
10:4011:00N306グループ寄与法を用いたイオン液体の物性推算ならびに逆設計
(日大理工) ○(正)松田 弘幸(旭硝子) (正)山本 博志(日大理工) (正)栗原 清文(正)栃木 勝己
ionic liquid
group contribution method
reverse-design
1-a585
(11:00〜11:40) (座長 下山 裕介)
11:0011:20N307リチウム塩を溶解したイオン液体の物性に及ぼす水の影響
(中央大理工) ○(学)松本 知也高木 雅弥川井 英司(正)梅木 辰也(正)船造 俊孝
ionic liquid
lithium
NMR
1-a559
11:2011:40N308PCPCE・ASOGDBによるイオン液体系化工物性の検索・評価・推算
(日大理工) (学)岡村 智彦(正)松田 弘幸(正)栗原 清文○(正)栃木 勝己
PCPCE・ASOGDB
ionic liquid
physical property data base
1-a260

講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-18 23:33:23
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase