化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

講演プログラム(会場・日程別)


K会場 第2日

最終更新日時:2007-03-18 23:33:23

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。

講演
時刻
講演
番号
講演題目/発表者キーワード分類
番号
受理
番号
システム・情報・シミュレーション
(9:40〜10:40) (座長 谷口 智)
9:4010:00K203有害廃棄物閉じこめ型反応器における非定常操作
(東工大資源研) ○(正)大庭 武泰
Zero Emission
Pollutants-Confining Reaction System
6-g785
10:0010:20K204(講演中止)

100774
10:2010:40K205化学物質リスク評価に基づいたプロセス設計のための機能モデル
(東大工) ○(学)菊池 康紀(正)平尾 雅彦
Industrial cleaning
Risk-based design
Function model
6-g99
(10:40〜11:40) (座長 渕野 哲郎)
10:4011:00K206リスクに基づいた設計のための産業洗浄プロセスモデル
(東大工) ○(学)富田 俊輔(学)菊池 康紀(正)平尾 雅彦
Industrial cleaning
Risk-based design
Process modeling
6-g153
11:0011:20K207バイオマスエネルギーシステム導入計画支援のための機能モデル
(東大工) ○(学)兼松 祐一郎(正)平尾 雅彦
Biomass energy
Function model
Support for system design
6-g101
11:2011:40K208シーケンシャルユースシステムの最適合成
(滋賀プラザ) ○(正)谷口 智(京大工) (学)中尾 公人(正)長谷部 伸治
superstructure
optimization
process synthesis
6-e159
(13:00〜14:20) (座長 大庭 武泰)
13:0013:20K213汎用プロセスシミュレータPRO/IIとロバスト設計最適化支援ツールmodeFRONTIERの連携による化学プロセスの多目的最適設計
(インベンシスシステムス) ○(正)広浜 誠也(正)久保田 浩(正)実田 正弘(シー・ディー・アダプコ・ジャパン) (正)大谷 朝彦(正)中村 美代子
PRO2
modeFRONTIER
optimization
6-b218
13:2013:40K214化学プロセスの設計情報共有環境に関する研究
(東工大院理工) ○(学)伊藤 功(正)渕野 哲郎
management of change
ontology
activity model
6-f546
13:4014:00K215コントローラ・コーディネーションを用いた液レベルが変化するCSTRの温度制御
(奈良先端大) ○(学)坂倉 義康(正)野田 賢(正)西谷 紘一(東北大院工) (正)山下 善之(正)吉田 雅俊(正)松本 繁
Controller Coordination
Multiple Model Approach
CSTR
6-d120
14:0014:20K2161パラメータチューニングPID法の開発と適用
(出光興産) ○(正)Fujii Kenzo(正)Kurihara Hisamitu(広大) (正)Yamamoto Toru
PID
Tuning
ITAE
6-d832

講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-18 23:33:23
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase