化学工学会-SCEJ

化学工学会 第72年会

基調講演・招待講演

最終更新日時:2007-03-14 16:07:45

2006年12月2日〜24日に掲載されていた仮プログラムとは会場名が変更されていますのでご注意ください。

第 1 日

基調講演
K 会場
K104 「現場を強くする実践的MOT-技術者の発想を変える6つの法則-」 (10:00〜11:00)

(大阪ガス) 永田 秀昭 氏
招待講演
K 会場
K108 「ナノテク・アメリカ事情」 (11:20〜11:40)

(三菱化学産資) 吉江 建一 氏
K113 「「技術の構造化」による技術ロードマップ策定手法の開発と将来産業創出に向けての政府のイノベーション政策の方向性」 (13:00〜13:40)

(経産省研究開発課長) 安永 裕幸 氏
K120 「ナノ粒子PJの総括: 研究開発成果と実用化の見通し」 (15:20〜16:00)

(広大工) 奥山 喜久夫 氏
K126 「超ハイブリッド」 (17:20〜18:00)

(東北大多元研) 阿尻 雅文 氏
L 会場
L108 「わが国の水素・燃料電池普及に向けた政策」 (11:20〜12:00)

(経産省) 倉本 浩司 氏
L113 「燃料電池自動車の現状と将来」 (13:00〜13:40)

(JARI) 丹下 昭二 氏
L115 「家庭用燃料電池実用化に向けた現状と展望」 (13:40〜14:20)

(JGA) 西田 亮一 氏
L119 「PEFC劣化機構の解明と膜開発への期待」 (15:00〜15:40)

(同志社大) 稲葉 稔 氏
M 会場
M108 「水素の輸送・貯蔵技術の動向」 (11:20〜12:00)

(川崎重工業) 神谷 祥二 氏
M119 「改質褐炭プロセスの技術開発について」 (15:00〜15:40)

(神戸製鋼所) 重久 卓夫 氏
N 会場
N114 「損傷発生確率評価プロセスとベイズ統計」 (13:20〜14:00)

(東大) 酒井 信介 氏
N116 「腐食の確率論的な見方」 (14:00〜14:40)

(関西大工) 春名 匠 氏
N118 「化学装置用有機材料の劣化進展と確率的取り扱い」 (14:40〜15:20)

(東工大) 久保内 昌敏 氏酒井 哲也 氏
N120 「応力腐食割れ亀裂発生と進展の確率論的取り扱い」 (15:20〜15:40)

(アイテック) 明石 正恒 氏
O 会場
O113 「MOTと我が国製造業の競争戦略」 (13:00〜14:00)

(神戸大) 延岡 健太郎 氏
O116 「研究開発マネジメントとCTOの役割」 (14:00〜15:00)

(東北大) 長平 彰夫 氏
O119 「化学系企業の研究開発マネジメント」 (15:00〜15:40)

(三菱化学) 今成 真 氏
O121 「電機系企業の研究開発マネジメント」 (15:40〜16:20)

(シャープ) 中嶋 義晴 氏

第 2 日

招待講演
M 会場
M204 「濃硫酸法によるバイオマスエタノール製造技術」 (10:00〜10:40)

(日揮) 住吉 剛史 氏
M206 「ラクタムプロセス」 (10:40〜11:20)

(住友化学) 和泉 好高 氏
O 会場
O201 「石油コンビナート高度統合の新展開」 (9:00〜9:40)

(石油コンビナート高度統合運営技研究組合) 能村 郁夫 氏
O203 「エンジニアリング会社の未来展望」 (9:40〜10:20)

(日揮) 徳丸 周一 氏


講演プログラム
化学工学会 第72年会

(C) 2007 (社)化学工学会 The Society of Chemical Engineers, Japan. All rights reserved.
Most recent update: 2007-03-14 16:07:45
For more information contact 化学工学会関西支部 第72年会 問い合せ係
E-mail: inquiry-72awww2.scej.org
This page was generated by easp 2.22; proghtml 2.20b (C)1999-2006 kawase