公益社団法人 化学工学会 安全部会

ホーム安全部会の概要歴史と研究成果

歴史と研究成果

1.設立経緯

1993年 「安全分科会」が発足、委員長平野敏右先生
(当時東京大学大学院教授,元千葉科学大学学長)
1995年 「安全委員会」と改名
2001年5月15日 部会制度実施に伴い安全部会となり現在に至る。

化学工学会安全委員会の活動は官庁、関係団体からも評価され、調査研究を受託するようになった。
主なものとして、以下3件の受託調査研究がある。

1. 化学プラントの安全性の事前評価方法に関する調査研究(労働省委託)

【 労働省受託研究報告 1996年~1997年 】
  • 1996年 「化学プラントの安全性の事前評価手法」
    • ・労働省アセスメントの手法や現状の問題点の抽出
    • ・安全性評価システムの国際的な方向性と評価方法
  • 1997年 「化学プラントの安全性の事前評価手法」
    • ・労働省アセスメントの見直し
    • ・フレームワークの見直し
    • ・評価手法や評価項目及びデータ等の見直し

2. 製油所の総合的安全技術の整備と体系化に関する調査

  • 製油所の総合的安全技術の整備と体系化に関する調査報告
    日本及び欧米の安全管理システムの調査(1998年)
  • 製油所の総合的安全技術の整備と体系化に関する調査報告
    「安全管理システムのフレームワークの構築」の提案(1999年)

3. 社会技術研究システムからの委託調査

2001年12月、日本原子力研究所社会技術研究システムから「化学プロセス施設における安全管理に用いる安全性評価方法、解析手法等に関する調査」の委託

  • 社会的合意形成のための安全管理に用いる安全性評価方法・解析手法に関する調査
  • 事故事例などのデータベースおよびその運用状況に関する調査
  • 社会的合意形成に関する制度・方法・コミュニケーション手段等の調査

2.安全部会の活動

部会として活動するにあたり次の3本柱を主軸に部会運営を行っている。

  • 1. 安全技術の研究とその成果の普及(ワーキンググループ、分科会活動)
  • 2. 安全思想の啓蒙普及(講演会の定期及び適宜開催)
  • 3. 安全技術者生涯教育

3.ワーキンググループ(WG)活動

【 テクニカルレポート 】

  • 1. TN28 化学プラントの安全性評価はどうあるべきか ― 各企業の現状と今後の課題 ―
    「安全性評価手法開発WG」(第1WG) 1994年10月5日
  • 2. TN29 これからの安全技術伝承法はどうあるべきか ― 各企業の実態を探る ―
    「安全技術伝承法WG」(第2WG) 1994年10月5日
  • 3. TN33 化学プラントの"省人化・無人化"の方向を探る ― 安全対策の視点から ―
    「無人化設備安全対策WG」(第3WG) 1995年7月20日
  • 4. TN34 プロセスプラントの安全性評価手法の一提案 ― 気付きを促すシステムの標準化をめざして ―
    「安全性評価手法開発WG」(第1WG) 1996年10月15日
  • 5. TN35 化学プラントの"省人化・無人化''の安全対策 ― 総合安全管理システムの提案 ―
    「無人化設備安全対策WG」(第3WG) 1997年2月7日
  • 6. TN36 化学物質安全情報の活用のために ― 情報検索の手引き ―
    「プロセス安全のための物質情報調査WG」(第4WG) 1998年6月5日

4.イベント活動

シンポジウム

2012年9月19日 会場:東北大学 (詳細はこちら)
2011年9月15日 会場:名古屋工業大学
2010年9月7日 会場:同志社大学
2009年9月17日 会場:広島大学
2008年9月24日 会場:東北大学
2007年9月13日 会場:北海道大学
2006年9月16日 会場:岡山大学
2005年9月14日 会場:東北大学

安全セミナー

2012年2月26日~28日 第18回 会場:イノベーションセンター
2011年2月26日~28日 第17回 会場:イノベーションセンター
2010年2月26日~28日 第16回 会場:イノベーションセンター
2009年2月26日~28日 第15回 会場:イノベーションセンター
2008年6月26日~28日 第14回 会場:イノベーションセンター
2007年12月14日~16日 第11回 会場:イノベーションセンター
2007年6月21日~23日 第10回 会場:イノベーションセンター
2006年1月19日~21日 第9回 会場:鹿島共同施設(株)
2005年6月23日~25日 第8回 会場:住友化学参宮寮
2004年12月2日~4日 第7回 会場:住友化学参宮寮
2004年7月1日~3日 第6回 会場:新日鉄代々木研修センター
2003年11月27日~29日 第5回 会場:新日鉄代々木研修センター
2003年7月3日~5日 第4回 会場:新日鉄代々木研修センター
2002年6月27日~29日 第3回 会場:新日鉄代々木研修センター
2001年6月28日~30日 第2回 会場:つくばクリエイションセンター
2000年12月7日~9日 第1回 会場:つくばクリエイションセンター

安全講演会

2012年11月 テーマ:プロセス安全から見た安全文化
2011年11月 テーマ:今後のプロセス安全(過去の知見・今回の大震災を踏まえて)
2010年11月 テーマ:ヒューマンファクターの本質を探る(労働災害の撲滅に向けて)
2009年11月 テーマ:変更管理は如何にあるべきか
2008年11月 テーマ:事故・トラブルに学ぶ
2007年11月 テーマ:安全の危機管理の創造に向けて
2005年10月 テーマ:安全・安定化運転のための設備管理
2004年2月 テーマ:産業事故とリスクコミュニケーション
2004年2月 テーマ:安全と技術情報
2003年10月 テーマ:伝承すべき安全技術の考え方を探る
2003年2月 テーマ:リスクマネジメントのあり方を探る(大阪)
2002年9月 テーマ:リスクマネジメントのあり方を探る(東京)
2002年2月 テーマ:プラントの安全確保に向けて(大阪)
2001年12月 テーマ:プラントの安全確保に向けて(東京)

安全サロン

2012年12月12日 横浜国大 熊崎美枝子氏 化学産業の安全文化
2013年3月13日 旭硝子 南川忠男氏 気付きを促進する演習を活用した教育の推進
2013年6月20日 大坂システム計画 大坂宏氏 プロセス安全を支えるシステム化の動向について  海外の動向を中心に
2013年11月28日 三菱化学 宇野研一氏 プロセス安全のネットワークを広げよう
CCPSの活動紹介
2014年2月20日 昭和電工 木村真氏 原理原則に基づく化学プラントの安全化の提案
2014年7月30日 社会安全研究所 山出康世氏 現場保安力の維持・向上について
2014年12月10日 新日鉄住金 朱宮徹氏 新日鉄住金の安全管理
2015年4月6日 失敗学会副理事長 飯野謙次氏 失敗事例情報創造的活用方策の提言と今後の展開
2015年7月15日 東工大 渕野哲郎氏 Incident Investigation"課題とアプローチ
---安全部会新WG設立に向けて---
2015年10月8日 出光興産㈱ 大熊孝佳氏 11th GCPS出席報告 会議の模様について
2015年12月22日 JXエンジニアリング 渡辺要氏 製造事業所での苦い経験から
―教育不足で学んだこと―
2016年2月8日 JALエンジニアリング 高橋健氏 JAL啓発センターの見学
2016年6月21日 化学工学会安全部会 井内氏 現場保安チェックポイント集の紹介
2016年12月5日 産総研人工知能研究センター 
副センター長 本村陽一氏
人工知能はここまでできる安全管理

その他の講演会、講習会

2012年10月(1日間) 化学工学の進歩講習会「安全を守るために」(東海支部、安全部会共催)
2012年6月(2日間) 事故分析手法PFAセミナー(安全工学会、安全部会、火薬学会 共催)
2012年2月(2日間) 「設備保全業務の『見える化』とその応用」講習会
(関東支部、安全部会共催)
2011年5月 「広島地区安全講演会安全管理業務の見える化」
(中国四国支部、安全部会共催)

【 変更管理セミナー(人材育成センター 安全部会共催) 】

2002年6月27日~29日 第3回 新日鉄代々木研修センター
2001年6月28日~30日 第2回 つくばクリエイションセンター
2000年12月7日~9日 第1回 つくばクリエイションセンター

【 化学物質安全セミナー(人材育成センター 安全部会共催) 】

2001年10月25日~27日 第1回 つくばクリエイションセンター