公益社団法人 化学工学会 安全部会

ホームイベント/セミナーその他の講演会・講習会【終了しました】第2回 若手社員向けプロセス安全入門セミナー

その他の講演会・講習会

【終了しました】第2回 若手社員向けプロセス安全入門セミナー

第2回 若手社員向けプロセス安全入門セミナー

日 時 2019年10月18日(金)13:30~17:00
会 場 場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス 理工学術院 55号館N棟1階 第2会議室
(〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1)
◇地下鉄副都心線 西早稲田駅(新宿三丁目駅から2つめ)直結 徒歩3分
(東京駅からお越しの方は、丸の内線から新宿三丁目駅で乗り換えると早いです)
アクセス

※交流会場所は、100m離れた大学生協内のカフェテリアとなります。
開催概要 近年、日本の化学・石油等のプラント・オペレーションの分野において
プロセス安全管理(PSM)の重要性が認識されてきたものの、若手社員にとっては、
いまだにプロセス安全とは何か、なぜそれが重要なのかが分かってもらえず
苦労していると言う意見が 多く寄せられています。
また、プロセスのリスクアセスメントをしっかりやり遂げようというモチベーションが
維持できず、 やらされ感に悩んでいる若手社員もいるとの意見もあります。
このような課題があった昭和四日市石油(株)では2017年より、新入社員研修時、
プラントオペレーター研修時などの場で「プロセス安全コース」と題した、
ビデオと写真を使った グループワーク形式のトレーニングによって
社員はプロセス安全を理解し、Work Force Involvementに成果を挙げて来ました。
その成果が知られるようになるとともに関係者の関心が高まり
コースを受けてみたいという方、またそのコースの教え方を身に付けたいという希望が
数多く寄せられるようになりました。
このセミナーは、そのようなご要望にお応えするため、プロセス安全マネジメント及び
人材育成の先駆的活動を知っていただき産業界全体のレベルアップを目的として、
(公社)化学工学会 安全部会が企画・実施する試みです。

対  象:製造部門、工務部門、環境安全を問わず下記の方
1)入社から20年程度までの方
2)プロセス安全管理の重要性を教える指導的立場の方
3)プロセス安全の視点を社内に普及させたい方

主催・後援 主催:化学工学会安全部会 
後援:㈱化学工業日報社
講 師 田邊 卓也氏 (昭和四日市石油)
講演内容 1)プロセス安全とは何か
2)ビデオと写真で最悪の事態を知る
3)バリア(リスク低減措置、独立防護層)は何か
4)バリアを有効にするための業務は何か
5)リスクアセスメントに必要な事は何か
6)プロセス安全マネジメントの構造を考える
このセミナーは、講師からの質問に対する回答、グループディスカッション、壇上で発表してもらう形式で行います。
内容は予告なく変更される場合がありますが、ご承知おきください。
募集人員 40名
参加費 20000円(税別)事前振込。
※お申し込み後、請求書を送付します。受講票の送付はございません。
お申込み順に指定席で開催1週間前に連絡します。
4人1組の演習も行います。
申込方法 安全部会電子受付サイト(下記URL)よりお申込みください(電話・FAXによるお申込みはご遠慮ください)。
お問い合わせは電子メールのみです。
7月18日からのお申込みとなります。
また、お申込み受付は予告なく締め切らせていただく場合がありますので、あらかじめご承知おき下さい。

安全部会電子受付サイト:http://www2.scej.org/anzen/event/other.html
お問い合わせ先:安全部会事務局(下記URLからメールフォームによりご送信ください)
http://www2.scej.org/anzen/contact/
詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ・ご意見は下記からご連絡ください。
担当者からメールにて回答させていただきます。

お問い合わせ・ご意見はこちら