公益社団法人 化学工学会 安全部会

ホームイベント/セミナーその他の講演会・講習会【終了しました】※日本学術会議主催
安全工学シンポジウム2016『技術と倫理』

その他の講演会・講習会

【終了しました】※日本学術会議主催
安全工学シンポジウム2016『技術と倫理』

第46回 安全工学シンポジウム
≪お問い合わせ先≫
事務局:日本大学生産工学部 鳥居塚研究室
TEL: 047-474-2615 (直通), FAX: 047-474-9759
E-mail  anzen2016@gakkai-web.net

http://www.anzen.org/index.html"


  
主 催 日本学術会議
共 催 日本人間工学会、他31学協会
日 時 2016年7月7日(木)12:40~13:40 札野 順氏(東工大)
2016年7月8日(金)12:40~13:40 小松原 明哲氏(早稲田大)
会 場 日本学術会議  
(東京都港区六本木7-22-34)〔交通〕東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口
アクセス

≪懇親会≫7月7日(木)18:00~20:00 「東京バル アジト Ajito 六本木店」
開催概要 パネルディスカッション
 ・安全・安心と技術者倫理・研究者倫理(連携PD)
 ・レジリエンス・エンジニアリングの基礎と応用
オーガナイズドセッション
 ・子どもの安全を守る新たな試み―事故事例から学ぶ
 ・ケーブルの燃焼性状とケーブル火災の問題点
 ・社会基盤システムのモニタリングと安全
 ・老朽化および遺棄化学兵器の廃棄に係るリスク評価とリスク管理
 ・故障予知と未然防止
 ・事故の再発防止とは〜事故防止のあり方を考える
 ・Think Safety First, again.
 ・自動車の自動運転システム
 ・技術の安全の考え方−太陽光発電設備の安全/危険の議論を例として
 ・各産業における事故調査の現状とこれからの問題
 ・地域社会の安全を目指したレジリエンスエンジニアリング
 ・安全目標
 ・エレベーターを利用した避難
 ・需要設備の保全高度化に向けた安全技術
 ・共存・協働のための機械安全技術
一般セッション 58題程度
参加費 自由参加。当日直接ご来場下さい。入場無料です。
≪懇親会≫参加費4000円(予定)
【ご注意!!】安全工学シンポジウム2016『技術と倫理』は
下記のフォームでは受付しておりません。上記お問い合わせ先URLをご覧ください。
詳細・お申し込みはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ・ご意見は下記からご連絡ください。
担当者からメールにて回答させていただきます。

お問い合わせ・ご意見はこちら